2018年2月21日水曜日

【登山・積雪情報】塔ノ岳 2月20日

登山者の方から登山道の情報を頂きました。
いつもありがとうございます。

**********************
コース:大倉~塔ノ岳 往復

雪の予報であったが晴れに変わったので、大倉尾根から塔ノ岳を往復した。
暖かい陽光を受けて、急速に雪解けが進行しつつあった。

◆塔ノ岳山頂から表尾根、三ノ塔、大山方面

◆モミジ坂の様子

◆花立山荘上付近 雪もほとんど解けている。

◆花立ピークより 塔ノ岳・新大日方面

◆馬ノ背には、残雪が残り一部凍結している箇所がある。

◆金冷シ上付近

 ◆雪解けが進む、塔ノ岳直下。

◆塔ノ岳山頂 11時7分 気温6度。昨日より約10度暖かい。

◆丹沢方面へ撮影に向かう。急に雪が深くなる。

◆丹沢山・不動ノ峰・蛭ヶ岳方面

◆鍋割稜線にはかなり残雪が残っているようだ。

************************
大倉(標高290メートル)  2月21日
 天気  くもり    気温 5.0度(8時50分)


2018年2月19日月曜日

【野鳥情報】 秦野ビジターセンター周辺 2月18日

野鳥観察に来られた方から情報をいただきました。
ありがとうございます!

*****************************
秦野ビジターセンター周辺

鳥:ホオジロ、ツグミ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス、
  ジョウビタキ、キジバト、コゲラ、マヒワ、エナガ、アオジ、
  カワラヒワ、ムクドリ、トビ、カシラダカ、シロハラ、モズ、アオバト、
  ノスリ、ハイタカ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、ウソ(声)
哺:ニホンジカ

*****************************
大倉(標高290メートル)   2月18日
天気 曇のち晴れ    気温  4.6度(8時40分)

2018年2月17日土曜日

【自然情報】大倉~大倉高原山の家コース 2月17日

ぽかぽかした日差しのなか、春の花や生き物は見られないかなと
期待しながら、大倉高原山の家まで山麓調べに行ってきました。

◆オニシバリ
陽だまりにある株は、もう咲き始めていました。
緑色なので見にくいですが、葉の裏をよく見てみてください。

◆クロモジの冬芽
空に向かってポンポンを振っているかのようです。
オリンピックを応援しているのかな?

◆コゲラ
盛んにアカマツにできたこぶをつついています。
虫がいるのでしょうか?
寒い季節もあともう少し、いっぱい食べて乗り切ります。

◆ヤマガラ
鳴きながらもう一羽に体当たりをしたり、地面に飛び降りたり。
何か餌があったのか、良い場所を取り合っていたのか、
こちらに気づかずに戦っていました。

◆アオジ
登山道のすぐ脇、手が届きそうな所で餌を探していました。
この子もすぐには逃げずに、時折地面をつつきながら
歩き回っていました。

その他観察したもの
《植物》花:ヤブツバキ・ケヤマハンノキなど
    実:アオキなど

《野鳥》シジュウカラ・シロハラ・カケス・ハシボソガラス・トビなど

《その他》イヌ科動物の足跡

まだまだ、階段の枕木や水場の凍結に注意が必要です。
昼間になると、とけてぬかるみになりますのでスパッツがあると
便利でしょう。
日なたや歩いている間は暖かいですが、日陰や休憩で足を止めると、
一気に冷えます。脱ぎ着しやすい服装がオススメです。

*****************************
大倉(標高290メートル)   2月17日
 天気   晴    気温  6.1度(8時40分)

2018年2月15日木曜日

【登山・積雪情報】塔ノ岳・表尾根・三ノ塔 2月12日

2月10日夜の雨の後、山々の雪状況を確認しに表尾根へ行ってきました。

コース:大倉~塔ノ岳(標高1491メートル)~表尾根~三ノ塔~大倉

情報としては、塔ノ岳でも雨だったようなのですが・・・。

◆塔ノ岳山頂から表尾根方面
 表尾根はまだ真っ白な雪に覆われています。

大倉尾根の様子は

◆駒止茶屋付近
 登山道上に雪が出てきたのは、このあたりから。
 凍結しています。

駒止茶屋から花立付近までの登山道は、所々雪に覆われています。


◆金冷シ付近
 このあたりから、本格的に登山道は雪の中に。


◆金冷シから塔ノ岳へ
 金冷シを過ぎると、とたんに積雪量が変わります。
 登山道が見えないくらいの雪道です。


◆塔ノ岳山頂から蛭ヶ岳・檜洞丸方面と鍋割山方面
 どちらを見ても、まだまだ雪に覆われているのが見えます!

表尾根は・・・

◆塔ノ岳のすぐ下
 岩が雪に覆われています。慎重に!


◆凍結している登山道
 雪がなさそうな箇所もありますが、
 融けた雪が氷点下の気温で凍っています。


◆塔ノ岳と新大日の間


◆政次郎ノ頭を振り返って
 ここの急な岩場の雪は融けているようです。


◆行者ヶ岳の鎖場
 鎖がしっかりと現れ、岩肌も見えているようですが、
 登り始めの足元や、広めの段になっているところには雪の塊が。


◆鎖場を上から


◆もうすぐ烏尾山(標高1136メートル)
 登山道上には雪が残っています。


◆三ノ塔への登り返し
 岩がちな箇所や鎖場のある急な登りです。
 雪に覆われていたり、凍っていたり・・・。


◆三ノ塔山頂から表尾根・塔ノ岳方面
 塔ノ岳から撮影した表尾根とは白さが違いますが、
 斜面の日当たりによる違いなのでしょうね。

雨が降り、少しは雪も融けたようですが、まだまだ雪に覆われています!
気温が下がれば凍結します。滑り止めは必ず携帯してください!
また、雪の残る箇所、土が見えている箇所、
ぬかるみになっている箇所など、路面状況は様々です。 
足元には十分気を付けてください。

山麓では、小さな春が訪れていました。

◆オニシバリ
 蕾が開き始めています。


◆ヤマネコノメソウ
 こちらも蕾が開き、黄色の葯が見え始めました。

**************************
大倉(標高290メートル)    2月15日
天気   晴れ     気温  10.8度(8時50分)

2018年2月13日火曜日

【通行止情報】県道70号線の一部通行止めについて 2月13日

神奈川県厚木土木事務所によりますと、
県道70号(秦野清川)清川村宮ヶ瀬地内において、
道路法面の安全性確保や防災を目的とした道路工事のため、
次のとおり、終日通行止になります。
-------
通行止めの内容
 期間:平成30年2月19日(月曜日)から3月20日(火曜日)まで [予定]
 区間:県道70号(秦野清川) 清川村宮ヶ瀬地内 塩水橋から旧金沢キャンプ場まで
 終日通行止
-------
詳しくは神奈川県厚木土木事務所のホームページ

2018年2月11日日曜日

【自然情報】秦野ビジターセンター周辺 2月11日

午後からビジターセンター周辺を歩いてきました。
青空が広がり気温も少し上がったので、
もしかしたら・・・と思い、ある場所へ。

自然観察の池に行ってみると。
◆「キャラララ、キャラララ」とヤマアカガエル達の合唱が聞こえてきました。
卵を産むためこの時期に一度目覚め、また冬眠します。

◆卵塊も2個見つけました。

自然観察の森では。
◆小さな生き物発見。ハナアブの仲間が落ち葉の上で日向ぼっこ。

◆小さな実。ヤブコウジの実がまだ残っていました。

【積雪情報・追加】塔ノ岳 2月11日

塔ノ岳へ登山された方から情報を頂きました。
ありがとうございます!

**********************
コース:大倉~塔ノ岳(1491メートル)

◆塔ノ岳山頂(10:30頃)
  積雪:0~40センチメートル

花立付近から山頂まで登山道上に積雪あり。それより下でも注意が必要。
雪が融け、ぐちゃぐちゃになっている箇所もあり。
アイゼンは必須です。

以上です ******************

明日は、また気温が下がる予報が出ています。
登山道は凍結する可能性があります。
アイゼン等の滑り止めは必ず携帯してください!

【積雪情報】塔ノ岳・丹沢山 2月11日

山小屋さんに、昨日からの積雪状況を伺いました。
(午前10時前後に確認)

◆塔ノ岳山頂(尊仏山荘より)
  昨日は雨。山頂の雪はだいぶ減ったが、まだ残っている。
  この後、冷え込むと凍結する可能性が高い状態。

◆丹沢山山頂(みやま山荘より)
  夜中は雪だった。新しい雪が数センチメートルほど積もったようだ。
  現在は、雲の中で真っ白。周囲は見えない。


お昼近くになり、ようやく青空と山々が姿を魅せてくれました。

◆ニノ塔・三ノ塔
 秦野ビジターセンターから見える斜面は、
 雪がだいぶ消えたように見えますが、油断は禁物です。


◆大山
 遠くに見えた大山の様子です。
 こちらの斜面は、まだ白く雪が残っているのが見えます!

*******************************
大倉(標高290メートル)   2月11日
 天気  曇り    気温 7.9度(8時40分)

2018年2月10日土曜日

【登山・積雪情報】丹沢山 2月10日

登山者の方から県道と登山道の情報を頂きました。
いつもありがとうございます。

**********************
コース:塩水橋~塩水林道~丹沢山~天王寺尾根~本谷林道~塩水橋

・林道は全線で積雪または凍結
・登山道は山頂まで全線で20~40センチの積雪
・トレースははっきりしている
・吹き溜りは50センチ以上もぐるところもある


《県道70号線》(秦野側から塩水橋間について)

・積雪による通行止めは解除されているが、
 蓑毛から先は雪用タイヤ装着の規制が出ている
・除雪は完了しているが、わずかに凍結箇所あり

----------------
なお、塩水橋付近に駐車場はありません。
ご注意ください。

*****************************
大倉(標高290メートル)   2月10日
 天気   晴のち曇    気温  4.2度(8時50分)

2018年2月9日金曜日

【登山・自然情報】鍋割山 2月8日

プライベートで鍋割山へ行ってきました。
途中で雪も降りとても寒かったですが、雪を満喫できました!


◆鍋割山稜
 雪のブナ林を楽しみました。

コース:大倉~二俣~後沢乗越~鍋割山~金冷シ~大倉



◆西山林道終点
 急に雪が出てきました。凍結しています!
 その後は、雪や凍結が出たり無くなったりです。


◆後沢乗越からしばらくは、南斜面のためか
 嘘のように雪がなくなりましたが・・・

 
◆積雪の具合は場所によって様々ですが、
 トレースはしっかりついています。
 林の向うに三ノ塔や大山や鍋割山稜が良く見えます。
 

◆下りは特に、足元に要注意!
 アイゼン等の滑り止め必携です!


◆鍋割山山頂到着
 積雪30から40センチ位ですが、
 人が休む所は踏み固められています。
 

◆山頂から秦野やキラキラ光る相模湾方面。見晴らし抜群!
 雪雲がたちこめてきました。


◆鍋割山稜に入ると、一気に雪深くなります。
 雪も降ってきました。


◆積雪は0から50センチ以上の所まで様々ですが、
 踏み跡はついています。


◆気持ちの良いブナ林歩きです。


◆大丸から金冷シへ
 階段や急坂が雪に埋もれ凍りついて、
 滑り台状態になります。
 (写真が分かりにくいのですが、急な下り坂です。)


◆花立山荘の上から
 下山は相模湾方面の見晴らしが抜群の大倉尾根を下山。


◆こちらも滑り台状態の所があります。
 アイゼン等の滑り止をしっかり効かせて慎重に。


◆雪がついていない所は逆に
 アイゼンの刃を引っかけない様にご注意下さい。
 大倉尾根の下りでは、駒止茶屋の下で滑り止をはずしました。


途中のアカマツ林では、小さな鳥、ヒガラに会いました。


◆ヒガラが松ぼっくりから種を取り出していました。
 嘴で羽根のついた小さな種をくわえています!


◆すぐ横の木にとまり、足でつかんだ種を突いています。
 種の周りの羽根をはずしているのでしょうか?
 時間があればいつまでも見ていたくなります。


滑り止めなどは必ず携帯し
雪の丹沢を満喫してください。

*****************************
大倉(標高290メートル)   2月9日
 天気   晴れ    気温  4.5度(9時00分)