2018年1月21日日曜日

【登山情報】玄倉林道一部通行止めについて 1月21日

神奈川県の県西地域県政総合センターのHPによりますと、
玄倉林道は斜面崩落により危険な状況であることから、
一部区間で通行止めとなりました。
塔ノ岳から尊仏ノ平経由で丹沢湖方面へはぬけられませんのでご注意下さい。


玄倉林道通行止め情報
(県西地域県政総合センターのHPより)
詳しくは県西地域県政総合センターのHP

【自然情報】大倉~雑事場ノ平 1月21日

大倉尾根の途中、雑事場の平へ「登山道トーク」へ行って来ました。
立ち止まって下さった皆様、ありがとうございました!!



丹沢ベースからの眺めは・・・


◆今日のお天気はいまいち。(丹沢ベースより)
 ですが、野鳥たちの声が出迎えてくれました。

「フィッフィッ ピッポ」優しい声は・・・


◆ベニマシコ
 こちらは雌ですが、雄は名の通り紅色をしています。

すぐ手前の草原でカサコソ・・・


◆ジョウビタキがいました。
 動いてくれないと気付かないですね。



◆葉を落とした雑木林は明るくて気持ちが良いです。


◆見上げるとコボタンヅルの実が、まだたくさんついていました。


◆雑事場ノ平にある、ミヤマシキミの実

ほかに観察できた野鳥は・・・
コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、カヤクグリ、ツグミ、
ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、
ウソ、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシボソガラス などでした。

野鳥の声を聞きながら、のんびり歩いてみませんか!
****************************
大倉(標高290メートル) 1月21日
 天気  曇    気温  7.4度(8時40分)

2018年1月20日土曜日

【自然情報】宮ヶ瀬湖周辺 1月19日

宮ヶ瀬湖周辺で野鳥観察をされた方から情報をいただきました。
ありがとうございます!!

****************************
鳥:コゲラ、ヒヨドリ、カンムリカイツブリ、キジバト、ミサゴ、
  ホオジロ、ジョウビタキ、アオジ、シジュウカラ、ヤマガラ、
  カワラヒワ、ベニマシコ、シロハラ、ツグミ、カワウ、
  ミソサザイ、ハシブトガラス、トビ、メジロ、カケス、
  アオサギ、マガモ、ルリビタキ♂、エナガ、ウソ♀、
  ウグイス(声)、ガビチョウ(声)

【登山・自然情報】 大倉登山口 1月20日

大倉尾根の登山口付近にある「日の出日の入り」看板を更新してきました。
ちょっとだけ自然観察も。

◆登山道入口看板
山は暗くなるのが早いので余裕をもった登山計画を。
ライトも忘れずに!

◆トキリマメ
赤いサヤが目を引きます。

◆ヤブラン
黒い実がキラリ☆

◆ウバユリ
タネが入っているとつい突いてしまいます。

***************************
大倉(標高290メートル)  1月20日
天気:晴れ  気温:6.3度(8時40分)

2018年1月19日金曜日

【登山・自然情報】 大倉~一本松 1月19日

1月27日の「自然にやさしい山歩き」の行事下見で、
大倉尾根を一本松付近まで行きました。

◆大倉尾根は左に進みます。

◆国定公園の看板脇にある、アオキの緑の葉と赤い実が目を惹きました。

◆見晴茶屋には2基、手前の観音茶屋には1基、山岳公衆トイレがあります。
トイレは綺麗に利用されていました。
トイレットペーパーは分解出来ませんので、流さずにゴミ箱にいれてください。
チップ100円の協力金もお願いいたします。

◆見晴茶屋の上の枯れたアカマツは、いつ倒れてもおかしくない状態だったため、1月10日に県職員の方が伐採処理してくださいました。

◆リスが食べた松ぼっくり。

◆大倉高原山の家のテント場。
周りのベンチは撤去されています。

◆大倉高原山の家の水場は、水が流れていません。
テント泊する方は持参して頂くことをおすすめします。

今日は曇り空。そんな時の方が鳥は出てきてくれるようです。

◆アオジ。小さな群れでいました。

◆ハシブトガラスは、しきりにこちらを警戒していました。

他に、シジュウカラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、
ミソサザイ、カケス、ウソ、メジロなどがいました。

週末は最低気温が下がるようですので、山の上は凍結の心配もあります。
滑り止めなどを携行して、安全に登山をお楽しみください。

*************************
大倉(標高290メートル)  1月19日
 天気  曇    気温  6.7度(8時50分)

2018年1月17日水曜日

【登山・自然情報】吾妻山 1月16日

コース:鶴巻温泉~吾妻山~善波峠

大山の南麓に続く丘陵を歩きました。


◆吾妻山山頂
葉が落ちた木々の間から、
北側には大山方面、南側には広がる街並みが見渡せます。


◆山頂には、吾妻山にまつわる昔話の記載も。
 ベンチもあり、休憩にお勧めの場所です。




◆善波峠や弘法山へと続くこの道は歩きやすく整備されていて、
 のんびりと散策を楽しめます。


◆コウヤボウキの種
 白色が多いですが、こちらの桃色も可愛らしいですね。


頭上から、「キヨコキー」と綺麗な通る声が!
探してみると・・・



◆イカルです!
 黄色い太い嘴がチャームポイント。
 
暖かな日差しを浴びて、野鳥の声に耳を傾けながら、
山麓ののんびり歩きもお勧めです。

*************************
大倉(標高290メートル)  1月17日
 天気  曇のち雨    気温  12.2度(8時50分)

2018年1月12日金曜日

【登山・自然情報】鍋割山 1月11日

コース:西山林道~後沢乗越~鍋割山~鍋割山稜

冬晴れの中、鍋割山へ情報収集に行ってきました。

◆鍋割山山頂
この冬は雪が少なかった富士山もやっと雪化粧。

冬枯れの登山道
◆後沢乗越から鍋割山までは日差したっぷりの尾根歩き。


◆鍋割山から塔ノ岳方面への鍋割山稜は、北側は蛭ヶ岳、丹沢山、
南側は街並みの先に広がる相模湾と景色を楽しめます!

◆小丸付近。振り返ると鍋割山へ続く尾根と山頂。
そして、富士山。

◆場所によっては足元に長い霜柱。
繊細に見えますが触ってみるとカチカチ。

◆凍った足跡。日陰や気温が上がる前は水溜りも凍ります。

◆泥の足跡。気温が上がると霜や氷が融けぬかるみに。

足元に注意しながら、周りを見ると冬を過ごす生き物や植物の姿も。
◆二俣の先、林道から沢を挟んだ斜面にニホンカモシカがいました~。

◆ツルウメモドキの種が入ったテンのフン。
姿は見えなくてもここにいたのね。

◆ヤマガラ。木々を行ったり来たり。

◆アセビの蕾も少しずつ膨らんできました。

積雪はありませんでしたが、ぬかるみが凍結し滑りやすい個所もあります。
また、風が吹くと体感気温も一気に下がります。
冬装備を万全にしてお出かけ下さい。

その他の生き物
実:メギ、イワガラミ、ツルアジサイ、コボタンヅル、イタドリ、ノイバラの仲間
  カエデの仲間、ヤシャブシの仲間など
鳥:コゲラ、ミソサザイ、カヤクグリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、エナガ、
  ヒガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ウソ、カケスなど
その他:ウスタビガの繭など

*************************
大倉(標高290メートル)  1月12日
 天気  晴れ    気温  4.3度(8時40分)

【行事】「考えよう!自然にやさしい山歩き」参加者募集中! 1月12日

1月27日(土曜日)に自然教室「考えよう!自然にやさしい山歩き」を開催します!

丹沢の自然に触れながら登山をし、登山道整備ボランティアさんの活動現場を見学すると共に、自然にやさしい山歩きを学びます。

お申し込み、お待ちしております。

開催日時: 1月27日(土) 9時20分~16時頃
場所: 秦野ビジターセンター 室内
      大倉尾根 (一本松付近まで 標高差約500m)
協力: NPO法人  みろく山の会
対象: 中学生以上30名  ※中学生は保護者同伴
参加費: 1人 500円(保険代込)
締切日: 1 月 18日(木) *締切を延長しました!


【申込方法】
 往復ハガキに行事名、参加者全員の氏名・年齢・住所・電話番号を明記し、締切日必着でお送りください。*詳細は締切後、返信にてご連絡します。
(*個人情報は行事の目的以外には使用いたしません)

【申込・問合せ先】
〒259-1304 神奈川県秦野市堀山下1513  
TEL:0463-87-9300 

2018年1月11日木曜日

【登山・自然情報】塔ノ岳 1月10日

登山者の方から情報を頂きました。
ありがとうございます!!

************************
コース:大倉~塔ノ岳(標高1491メートル)


◆冬枯れの登山道を落ち葉を踏みしめて登る。


◆花立から表尾根は良い天気だ!


◆富士山のビューポイント 堀山の家上


◆5~6センチメートルはある霜柱


◆花立ピーク 空はどこまでも青い


◆表尾根・大山方面


◆冬枯れの蛭ヶ岳方面


◆塔ノ岳と金冷シの中間点
 カチカチに凍りついている


◆塔ノ岳山頂 
 山頂は、風が冷たく-5度。日陰は凍りついている。

*****************************
大倉(標高290メートル)   1月10日
天気  晴れ    気温 6.0度(9時) 

2018年1月9日火曜日

【自然情報】大倉~竜神の泉コース 1月9日

強い風が雨雲を吹きとばし、青空が広がりました。
そんな強い風のなか、竜神の泉まで山麓調べに行ってきました。
◆萩山
すっかり木々が葉を落とし、寂しい感じがします。
奥に見える鍋割山稜、三ノ塔、二ノ塔にはまだ積雪は見られません。

◆さむいよー
シジュウカラが風にあおられながら揺れていました。
エナガとコゲラと一緒に混群(こんぐん)を作り、
飛び回っていました。

◆色付きはじめました
アオキの実がだんだん赤くなってきています。
常緑の葉と赤い実が冬の色のない林に目立ちます。

◆準備中
オニシバリが蕾をつけていました。
寒いなか咲く花です。まだまだ花は咲かないようです。

◆発射用意
コクサギの実です。
このオレンジ色の袋一つにつき一つのタネが入っていて、
割れて種が飛び出します。

その他観察したもの
《植物》花:ヤブツバキ・オニシバリなど
    実:ノイバラ・オオバヤシャブシ・ヤブタバコなど

《野鳥》ヒヨドリ・コゲラ・エナガ・ヤマガラ
    ハシボソガラス・トビなど

《その他》ニホンジカの冬毛・ヤママユの繭

これからの季節、階段の枕木や水場の凍結に
注意が必要です。昼間になるととけてぬかるみになりますので、
スパッツがあると便利でしょう。
山に入る前は情報収集をしっかりして、安全に登山をお楽しみください。