2018年9月20日木曜日

【登山・自然情報】塔ノ岳 9月19日


登山者の方のより情報をいただきました!
ありがとうございます。

****************************
コース:大倉~塔ノ岳(1491メートル)往復

まだ残暑は残るが、爽やかな風に秋の気配を感じる山行でした。

◆塔ノ岳直下から見た大倉尾根。
 遠くに箱根方面も見えます。

◆リンドウ。花立階段下で咲いていました。

◆花立階段。青空が見え始めました。

◆花立から見た鍋割山稜。

◆南に目を向けると真鶴半島や伊豆半島が。

◆蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳の三山をのぞむ。
 かすかに秋の気配が・・・。

◆馬ノ背でホトトギスの群落に出会う。

◆馬ノ背から塔ノ岳方面。風が爽やかで心が癒される場所。

◆塔ノ岳山頂。
 気温は20度で暑くもなく、寒くもなく、過ごしやすい。

◆塔ノ岳から蛭ケ岳方面。

◆塔ノ岳から表尾根・大山方面。

◆塔ノ岳山頂に咲くフジアザミ。

暑かった夏もようやく峠を越え、
リンドウ・フジアザミ・ホトトギスの花が咲き
秋モードに切り替わりつつあるようです。

*************************
大倉(標高290メートル)  9月19日
天気 晴れ   気温 21.6度(8時45分)

2018年9月19日水曜日

【自然情報】秦野ビジターセンター周辺 9月19日

秋晴れの中、心地よい風が吹いています。

◆夏の間賑わっていた河原もひっそりとしています。

ミヤマアカネ
◆翅の褐色の帯が特徴です。


◆赤い体はオス。黄色っぽいのはメスです。

◆シオカラトンボのメス

◆ウラギンシジミのオス
翅の裏は白、表は鮮やかなオレンジ色。

◆ツマグロヒョウモンのメス
白、黒、オレンジのコントラストが綺麗です。

◆ショウリョウバッタ
鳴きながら飛んだのでオスですね。

◆セスジスズメの幼虫
背中に何かがくっ付いていました。

晴れた日の散策が気持ち良い季節となりましたね。
小さな生き物たちもまだまだ活動しています。

**************************
大倉(標高290メートル)   9月19日
天気  晴     気温  21.6度(8時45分)


2018年9月18日火曜日

【自然情報】宮ヶ瀬湖周辺 9月17日

宮ヶ瀬湖に行ってきました。
暑さが戻り、日が差すと夏を感じる暑さでしたが、
木陰は涼しく心地よい風が吹いていました。


◆まずは春ノ木丸へ
 森の中はまだ緑に包まれています。

しかし、花や木の実から秋を感じます。


◆カシワバハグマ


◆クマノミズキの実
 木によってはまだ緑の物も多かったです。


◆イヌコウジュ
 葉を軽くもむと、ほのかに爽やかな香りがしました。 


◆マツカゼソウ
 涼しい風に揺れる様子は風情があります。


◆ハイイロチョッキリが卵を産んで落とした
 コナラの葉っぱ付きドングリが、いくつも落ちていました。

数羽のイカルの群れがやって来ました。
葉の陰でなかなか姿が見えませんでしたが・・・


◆やっと少し見えました!
 その後、頭上でピチピチと音がしていて、
 シデの実を食べているようでした。


◆ジョロウグモ
 道を横切る巣がたくさんあり、沢山壊してしまいました。
 ごめんなさい。
 ちなみに、大きいのが雌で、上にいる小さいのが雄です。


◆バナナムシとも呼ばれる、ツマグロオオヨコバイ
 
 カメラを近付けると・・・ 



◆くるりと葉の下へ!
 隠れ上手です。


続いて湖畔園地へ。

草原を歩くと、色々なバッタの仲間が飛び出します。
そうやって動いてくれないと、なかなか見つけられません。


◆クルマバッタモドキ
 飛ぶと翅に車輪の様な輪模様が現れます。


最後に、早戸川林道を汁垂橋まで歩きました。


◆メハジキ


◆オニドコロ


◆キハギ

林道を横断するニホンリスに出会いました!
あっという間に垂直に近い壁を上がり、森の中へ消えていきました。
オニグルミの様な大きな実をくわえていた様に見えたのですが、
ハッキリは分かりませんでした。


その他観察したもの

花:クズ、ノコンギク、シロヨメナ、アズマヤマアザミ、ヤブマメ、アカネ、
  チヂミザサ、ミズヒキ、シラネセンキュウ、ツルニンジン、ゲンノショウコ、
  ツユクサ、イヌトウバナ、ママコノシリヌグイ、ヒヨドリバナ、カラスノゴマ、
  ヒメキンミズヒキ、タマアジサイ、ヌスビトハギ、アレチヌスビトハギ、
  キツネノマゴ、ハナタデ、ベニバナボロギク、イタドリ、キバナガンクビソウ など
鳥:カワウ、アオサギ、カルガモ、トビ、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、
  モズ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、カケス、
  ハシボソガラス、ハシブトガラス、ガビチョウ  など
昆虫:カラスアゲハ、キタキチョウ、ベニシジミ、オンブバッタ、
   ショウリョウバッタ、クロウリハムシ、ツクツクボウシ  など
哺乳類:アナグマ(糞)、タヌキ(糞)、ハクビシン(糞)、テン(糞)、
    ニホンジカ(足跡)、イノシシ(掘り跡) など
他:ヤマビル(車道側の登り口で出ました)

**********************************
宮ヶ瀬湖畔 (9月17日10時)
 天気 曇り   気温 27度

2018年9月17日月曜日

【自然情報】秦野ビジターセンター周辺 9月17日

久しぶりに青空が広がり気温も上がりました。

◆一番奥に二ノ塔、三ノ塔の山並みも見えます。

◆ヤブガラシの蜜を吸うトワダオオカ。
日本最大の蚊。血は吸わず、花の蜜など吸っています。

◆風にゆれるハギとダイミョウセセリ。

◆トキリマメ
房状に咲いた花の後には実が付き始めました。

◆キンミズヒキ
種にはかぎ状の棘があり動物に付着し散布されます。

◆クルマバッタ
背中が盛り上がっているのが特徴です。緑色の個体もいます。

◆ツチイナゴ
目の下に黒いすじがあります。

歩いていると足元からぴょんと飛びだすバッタ、
耳をすますと草むらから聞こえる虫の声。
秋の虫の観察に是非お出かけ下さい。

**************************
大倉(標高290メートル)   9月17日
天気  晴     気温  25.4度(8時40分)

2018年9月16日日曜日

【自然情報】大倉~雑事場ノ平 9月16日

歩くとムシムシとした暑さ!汗を流しながら、
大倉尾根の雑事場ノ平まで登山道トークに行ってきました。

◆ヤマホトトギス
 今回のコースで見頃の株が多かったです。
 8月下旬に山の上から咲きはじめたヤマホトトギス。
 ようやく標高500~600メートル付近まで下りてきました。

◆タマアジサイ
 まだ咲いていました。

◆シラヤマギク
 タテヤマギクに似ていますが、大型です。

◆オトコエシ
 黄色い花のオミナエシと比べて男性的なイメージがあるのでしょうか?

◆ツリフネソウ
 咲きはじめていましたが、数が減ってきています。

◆ホウキタケの仲間
 雨上がり。あちこちにニョキニョキ生えていました。

◆雑事場ノ平
 靄に包まれていました。


◆登山道トークを実施しました。
 お時間を割いて聞いてくださった方々、有り難うございました!
 毎月神出鬼没で開催しています。
 出合ったら、ぜひお話を聞いてください。

**************************
大倉(標高290メートル)   9月16日
天気  曇     気温  21.1度(8時40分)

2018年9月12日水曜日

【自然情報】秦野ビジターセンター周辺 9月11日

野鳥観察にこられた方から情報をいただきました。
ありがとうございます!!

*************************

鳥:スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハクセキレイ、キジバト、トビ、
  イワツバメ、ツバメ、ヒメアマツバメ、アマツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、
  コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、エナガ、カワラヒワ、イソヒヨドリ
 (声のみ)モズ、カケス、ヒガラ、ガビチョウ

***************************
大倉(標高290メートル)   9月12日
 天気  くもり    気温  20.2度(8時40分)

【登山・自然情報】 仏果山・高取山 9月10日

宮ヶ瀬湖畔の仏果山・高取山へ行ってきました。

コース:仏果山登山口~高取山~仏果山(747.2メートル)~仏果山登山口


◆仏果山山頂からの丹沢の山並み
 高取山も仏果山も山頂には展望台があり、
 丹沢の山並みや都心方面などが眺められます!


◆木洩れ日が漏れる落葉樹に、モミ等の濃い緑の常緑針葉樹。
 心地よい森の中を登山します。

足元には秋の花が咲いています。

◆シモバシラ
 冬の氷の華が有名な植物ですが、
 可愛らしい花もぜひ見てみてください!


◆キバナガンクビソウ


◆カシワバハグマ


◆ニホンザル
 親子で移動中なのでしょうか?

吹き抜ける風に涼しさを感じましたが、蒸し暑い日でした。
涼しい日もありますが、もうしばらく暑さ対策を心がけた方がよさそうです。

****************************
宮ヶ瀬湖畔      9月12日
天気  晴れ    気温 30度(15時)