2017年4月25日火曜日

【登山・自然情報】鍋割山・塔ノ岳 4月24日

登山者の方から情報をいただきました。
ありがとうございます!

************************

コース:大倉~西山林道~鍋割山~塔ノ岳(1491メートル)~大倉

足元には草花が咲き、新緑が始まっている。


◆西山林道歩きはじめ


◆林道脇に咲くヤマブキの花
 足元には、各種スミレをはじめ草花が咲き疲れた心を慰めてくれる。


◆新緑は始まったばばかりで、これから上に上がっていく


◆ミツバツツジ


◆マメザクラも見頃を迎えている。


◆鍋割山から塔ノ岳への鍋割山稜の新緑は、まだまだ

塔ノ岳でランチタイムののち、大倉尾根を下山


◆堀山の家前後はマメザクラが見頃を迎えている。


◆モミジ坂 一本松付近から大倉高原のモミジの新緑が素晴らしい。


◆ヤマルリソウ

天気予報では、晴れところにより曇りだったが、太陽顔出さず。
どんよりとした肌寒い1日であった。

新緑も高度により、まだこれから後沢乗越付近まで上がっている。
鍋割山稜は、まだまだ先になりそうです。


*********************************************
大倉(標高290メートル 4月25日)
 天気:晴  気温14.2度(8時40分)

2017年4月20日木曜日

【自然情報】大倉~西山林道 4月20日

天気も良く、気温も丁度良い
春らしい陽気のなか、西山林道まで歩いてきました。

◆新緑
太陽の光が透けて山が輝いています。

◆クサイチゴ
6月頃には赤い実をつけます

◆ヤマブキ
新緑にヤマブキ色が良く映えます

◆ヒトリシズカ
ブラシ状の花をつけます。白いのは雄しべで
花弁はありません。

◆コゲラ
口に何かくわえています。虫を捕まえたのかな?

◆ホオジロ
木の上でさえずっています。

◆キシタトゲシリアゲ
シリアゲムシの仲間の中で一番早く出現します。

色々な生きものが活動し始めています。
ぜひとも観察してみてください。

その他に観察した生きもの
花:タチツボスミレ、キランソウ、モミジイチゴ、シャガ
  ヤマルリソウなど

鳥:ヤブサメ、ツグミ、ヒヨドリ、シジュウカラ、カケス
  ウグイスなど

その他:ビロウドツリアブ、シジミチョウの仲間など

*********************************************
大倉(標高290メートル 4月20日)
 天気:晴  気温15.8度(8時40分)


2017年4月17日月曜日

【自然情報】大倉~萩山林道 4月17日

春うららを通り越し、少し汗ばむ陽気のなか、
萩山林道を歩いて来ました。

◆夏鳥確認!
キビタキのオスです。
ピヨピ、ピッピキピピッピキピ
目をひく色彩の美しさと美声を持つ鳥です。

◆ミミガタテンナンショウ
仏炎苞に包まれた特異な形態の花をつけます。 
「仏炎苞」は、小さな花を周囲に密生させた棒状の花穂を
苞葉が包みこんでいるものです。
仏像の後背の仏炎に似ているためこのように呼ばれるそうです。


◆ウマノアシガタ
きれいなツヤツヤした黄色い花を付けます。
 海外では「バターカップ」と呼ぶそうです。
そう聞くとなんだか溶かしバターに見えてきます。

◆モミジイチゴとビロウドツリアブ
ゴクゴクと音が聞こえてきそうなくらい、
一生懸命に蜜を吸っています。
花は虫が来ることで受粉するので、美味しいイチゴがなるでしょう。

◆クロモジ
高級爪楊枝に使われるクロモジが、花をつけていました。
可愛らしい花が揺れています。

他に見られた生き物
花:タチツボスミレ、アカネスミレ、ムラサキケマン、ヤマルリソウ、カキドオシ、
  キランソウ、ヒメウズ、ツルカノコソウなど

鳥:メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、エナガ、
  ウグイス、ガビチョウ、センダイムシクイ、ヤブサメ、ミソサザイなど
 
他:テングチョウ、キタキチョウ、マルハナバチの仲間、モンシロチョウ
  ルリシジミ、ヒガシニホントカゲ、カナヘビなど

丹沢山麓はあっという間に春です。
日差しがどんどん強くなり、帽子やこまめな水分補給が必要です。
皆さんも春を探しにでかけませんか。

***********************************
大倉(標高290メートル 4月17日)
 天気:晴   気温:21.1度(9時00分)


2017年4月15日土曜日

【登山・自然情報】鍋割山 4月14日

春の陽気と青空が広がる中、情報収集に鍋割山へ行ってきました!

コース:西山林道~鍋割山(1272メートル)

久しぶりの快晴!春霞の中、
山頂からは富士山や相模湾などが眺められました。

◆鍋割山山頂から富士山方面

二俣からの林道沿いでは、少しずつ新緑の気配。

◆萌木色にもう一歩かな?


◆柔らかな色合いのリョウブの芽吹き


◆春の陽射しを浴びて
 標高をあげると、今はまだ色合いのない森ですが、
 きっとあっという間に新緑が上がってくるのでしょうね。

春の花たちも一歩一歩山を登っています。

◆ミツバツツジ
 二俣付近(標高500メートル前後)で
 数株、開花し始めていました。


◆ヒナスミレ
 二俣から後沢乗越の間で、スミレの仲間が咲き始めています。
 タチツボスミレ、エイザンスミレ、ケマルバスミレ など


◆マメザクラ
 後沢乗越付近(標高800メートル)まで、
 咲き始めていました。

生き物たちも活発に活動し始めています。

◆ミソサザイ
 小さな体で大きな声でさえずっています。
 夏鳥のオオルリらしき声も聞こえてきました。
 これからどんどん賑やかになりますね。


◆ヒオドシチョウ
 温かさに誘われて、ひらひらと飛んでいました。


◆アズマヒキガエル
 ここ数日に降った温かな雨に誘われて、
 産卵に来たのでしょうか?
 のそのそと地面を歩いていきました。

これから山行に気持ちの良い日も増え、
沢山の方が山へ心誘われていることでしょう。
皆さんが気持ちよく、安全に山を楽しめるよう、
今一度、登山の基本となる装備やマナー等を見直してみてください!
登山届の提出もお願いします。

***********************
大倉(標高290メートル   4月15日)
 天気  晴れ     気温  19.9度(9時30分)

【イベント等】丹沢まつりと丹沢讃歌 4月15日

明日16日日曜日、ビジターセンターがある秦野戸川公園を会場に
第61回秦野丹沢まつりが開かれます。

山開き式では『丹沢讃歌』の合唱もあります。


◆公園内の『風の吊橋』近くにある歌碑

8月11日の山の日制定を記念して作られた
『丹沢讃歌』のDVDと絵はがきを、
秦野ビジターセンターで販売しています。
◆丹沢の豊かな自然を背景に歌声が流れるDVDと、
 丹沢に登ったことのある方は勿論、そうでない方もきっと
 どこか懐かしく趣のある版画の絵はがきです。

ご来館をお待ちしております!

***********************************
大倉(標高290メートル 4月15日)
 天気:晴のち曇   気温:19.9度(9時30分)

2017年4月14日金曜日

【自然情報】大倉~見晴茶屋 4月14日

久しぶりの快晴です!
4月16日に行われる『秦野丹沢まつり』のイベント
「ガイド付き登山ツアー:見晴茶屋コース」の下見に行ってきました。
(※事前申し込み制、受付は終了しております。)

◆ツルカノコソウ
 左右対称の葉っぱと、うっすら頬を染めたような
 花の色がかわいらしい植物です。

◆ナツトウダイ
 夏と言いつつ春に咲く、トウダイグサ科の植物です。

◆フデリンドウ
 見逃してしまいそうな小ささです。

◆ナガバノスミレサイシン
 タチツボスミレより葉っぱが細長いのが特徴です。

◆モミジイチゴ
 初夏にオレンジ色の実を付けます。

◆アブラチャン
 クスノキの仲間。まだ見頃の株がありました。

◆クロモジ
 同じくクスノキの仲間。羽子板の羽根みたい。

◆マメザクラ
 雑事場ノ平や見晴茶屋の上で見頃でした。

◆オオシマザクラ
 大倉高原山の家周辺で見頃でした。

他に見られた花:
 ミツバアケビ、オニシバリ、ヤブツバキ、クサイチゴ、
 キブシ、ウグイスカグラ、アオキ、アセビ、
 マルバコンロンソウ、ジロボウエンゴサク、ヒメウズ、
 タチツボスミレ、マルバスミレ、ヤマルリソウ、
 ミミガタテンナンショウ、ムラサキケマン、キランソウ、
 ヒトリシズカ、セントウソウ、オニタビラコ など

鳥:メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、エナガ、
 アカハラ、アオジ、アオゲラ、ウグイス、ガビチョウ、
 カケス、ミソサザイ、ウソ、キビタキ など
 (夏鳥のキビタキがさえずっていました!)

他:テングチョウ、キタキチョウ、ビロウドツリアブ、
 コマルハナバチ、ヒガシニホントカゲ、タゴガエル卵塊 など

春爛漫の丹沢山麓、皆さんも春を探してみてください。

【登山情報】登山記録証 4月14日

陽気が温かくなり、
登山者がとても多い季節になりました。

ビジターセンターでは、『登山記録証』の配布を始めました!



これから登る山、今まで登った山のチェックなど、
使い方は自由です。

秦野ビジターセンターと西丹沢ビジターセンター(旧西丹沢自然教室)で
配布しています。
皆様のご来館をお待ちしています!