2017年6月23日金曜日

【登山・自然情報】大山 6月22日

コース:大山阿夫利神社下社~表参道
    ~大山(1252メートル)~唐沢峠~不動尻

霧に包まれた幻想的な雰囲気の大山へ
情報収集に行ってきました!

◆登り始めは大山阿夫利神社下社
 すぐそこにある拝殿が、霧に覆い隠されていきそうです。


◆表参道の大木を仰ぎ見つつ、幻想的な森の中を進みます。
 厳かな雰囲気を味わえますね!


◆足元は岩の多い登山道。雨上がりは滑りやすくなります。
 十分に気を付けましょう!

下社付近では散り始めている花たちも
山頂に近づくと徐々に蕾が増えていきます。

◆サルナシ
 木々に絡まっているツル植物。
 秋にはおいしそうな実をつけます。



◆バイカウツギ
 純白の花がとてもきれいでした。


◆タンナサワフタギ

霧で真っ白!山頂に到着です。

◆大山山頂の雨降木


◆雷ノ峰尾根を途中まで。
 分岐を示す道標を見逃さないように!
 今回は、ここから不動尻方面へ向かいます。


◆急な階段を下り、標高が下がってくると…


◆大山三峰(手前のギザギザ)と東丹沢の山々
 霧が晴れて、山々の姿や街並みが見えてきました。


◆唐沢峠へ向かう登山道は、とても細い箇所があります。
 木の根なども飛び出しています。気を付けて!


◆ネジキ
 下に落ちていた花で気が付きました。小さな可愛らしい花です。
 名前のとおり、木の幹がねじれています。


◆唐沢峠から不動尻へは、人工林の中が多くなります。
 ヤマビルが多いエリアのようですが、
 今回は、あまり出合えませんでした。

不動尻に近くなったときに、頭の上から鳥の声が!

◆オオルリが木のテッペンでさえずっていました。

梅雨真っ盛りのこの時期、気温や湿度の高い日も多くなります。
熱中症対策、ヤマビル対策、当日までの体調管理などを
しっかりと整えて、山行を楽しんでください。

**************************
大倉(標高290メートル 6月22日)
   天気 曇り   気温 21.8度(8時40分)

2017年6月20日火曜日

【登山・自然情報】塔ノ岳・鍋割山 6月19日

登山者の方から情報をいただきました。
ありがとうございます!!

*********************************
コース:大倉~塔ノ岳(1490.9m)~鍋割山~大倉

前夜の冷え込みで富士山には降雪があり、
かすかに雪化粧して一日中姿を見せてくれた。
特に花立ピークから馬ノ背、金冷シの間は、
行くたびに装いを変えて出迎えてくれるので魅力があり、
感動の連続でシャッターを切った。

◆堀山の家の上 最初の富士山ビューポイント


◆富士山と鍋割山稜
 斜面に点在する白い花木(ミズキ)。
 新緑の中に白いミズキが点在し圧巻である。


◆花立ピークから丹沢最高峰「蛭ヶ岳」方面


◆花木など行くたびに風景が変わっている。


◆咲き誇る 白い花木 ミズキ。


◆ナナカマド


◆塔ノ岳山頂 風もなく爽やか


◆塔ノ岳直下 これから行く鍋割山稜方面


◆ツクバネウツギ


◆鍋割山稜の魅力 ブナの大木が残る


◆鍋割山稜から見た花立山荘の向こうに三ノ塔と大山


◆みずみずしい緑の森 鍋割山稜の魅力
小鳥のさえずりとエゾハルゼミの合唱とそよ風


◆富士山は一日中 姿を見せてくれた。


◆丹沢主脈 蛭ヶ岳・不動ノ峰・丹沢山も夏の装い


◆鍋割山荘

丹沢の魅力を再認識し、詩人になった一日だった。

********************************
大倉(標高290メートル 6月20日)
 天気:晴  気温 21.3度

2017年6月19日月曜日

【自然情報】大倉~西山林道 6月19日

 梅雨らしさを微塵も感じさせない晴天のなか
大倉から西山林道まで、山麓調べに行って来ました

◆にょろにょろ文字を書いたのはだあれ?
 ハモグリバエの仲間やハモグリガの仲間などの幼虫が
 葉っぱのなかにもぐり込み、葉の内部を食べて育ちます。
 食べ進んだ跡が空洞になるので白い線に見えます。
 成虫になってこの割れた所から出て行ったようです。
 
◆タキシードを着たガイコツ?
ラミーカミキリが葉の上にいました。
背中の模様がなんだかタキシードを着たガイコツに
見えませんか?
せわしなく飛び回り、やっと写真に収めることが出来ました。

◆真っ赤な実がびっしり
オニシバリです。2月頃から咲いていた花が実を付けました。
ツヤツヤで美味しそうですが有毒です。

◆アカショウマ
名前をきくと赤い花が咲きそうですが、赤くなるのは茎の部分です。
花も少し赤くなるそうですが、今は真っ白な花をつけていました。

その他観察した生き物
《植物》 花:ドクダミ・テイカカズラ・アカショウマ・ミゾホオズキ
       コモチマンネングサ・エビヅルなど
     蕾:ヤマユリ・ハエドクソウ・ジャノヒゲなど
     実:ミミガタテンナンショウ・ヘビイチゴ・キブシ・ホウチャクソウなど 
《野鳥》
    ・コゲラ・ヒヨドリ・ウグイス・エナガ・シジュウカラ
    ・ヤマガラ・メジロ・イカル・ホトトギス・ヤブサメ
    ・コジュケイ・ハシブトガラス・トビ・ガビチョウなど  
《その他》 
    ・モンシロチョウ・コジャノメ・コミスジ・ベニシジミ
    ・アカボシゴマダラ・ウラギンシジミ・キタキチョウ
    ・テングチョウ・ラミーカミキリ・オオスズメバチ・オバボタル
    ・ヒラタシデムシ・ナミテントウ・ホシハラビロヘリカメムシ
    ・ゾウムシの仲間・イトトンボノ仲間・コメツキムシの仲間  
    ・ヒガシニホントカゲ幼体など

熱中症になりやすい季節となりました。
帽子や水分を持つなどの暑さ対策はもちろんのこと
出かける前から睡眠時間や体調管理も万全でおでかけください。
**************************
大倉(標高290メートル 6月19日)
 天気:晴  気温:21.5度(8時40分)

2017年6月18日日曜日

【登山・自然情報】三ノ塔 6月17日

二ノ塔登山口から三ノ塔まで自然情報収集と看板交換、登山道トークをしてきました。
なんだか盛りだくさんです。

◆ウツギ
場所によっては蕾であったため
まだまだお花を楽しめそうです。

◆コケリンドウ
1㎝にも満たない小さな花。うっかりしてると
見逃してしまいます。

◆ニシキウツギ
白から紅へ花の色が変化します。
この紅白のコントラストが見事です。

◆ヤマオダマキ
ヤマオダマキの花を下から見上げて・・・

◆コルリ
虫をたくさんくわえています。
ヒナ鳥たちは食べ盛り!

◆看板内容更新
内容を更新したので休憩がてら是非ご覧下さい。

◆登山道トーク
神出鬼没の登山道トーク。
今回は三ノ塔と二ノ塔で実施しました。


天気の良い土曜日とあって大勢の方が登られていました。
暑いので水分は多めに持っていきましょう。

**************************
大倉(標高290メートル 6月18日)
 天気:曇のち雨  気温:19.7度(8時40分)

【登山・自然情報】塔ノ岳 6月16日

登山者の方から情報を頂きました。
ありがとうございます!

********************************
コース:二ノ塔登山口 ~(表尾根)~ 塔ノ岳

咲いていた花

ニシキウツギ、コゴメウツギ、ウツギ、ツクバネウツギ、
サラサドウダン、ハンショウヅル、カマツカ、オオカメノキ、
ヤマボウシ、イボタノキ、ニガナ、ジシバリ、フタリシズカ、
コケリンドウ、ヤマオダマキ、ツルシロカネソウ など

2017年6月16日金曜日

【自然情報】宮ヶ瀬湖周辺 春ノ木丸・早戸川林道6月15日

宮ヶ瀬湖畔の早戸川林道、春ノ木丸ハイキングコース、湖畔園地を散策してきました。


まずは、早戸川林道を途中まで。


◆だいぶ緑が増えました。
 木々の下は暑くなく、野鳥のさえずりを聞きながら心地よいです。


◆アカショウマ
 春ノ木丸でも咲き始めていました。


◆マタタビ
 花の時期の葉は、部分的に白くなるので良く目立ちます。


◆オニグルミの葉がレース状に!?
 クルミハムシが食べたようです。
 蛹がぶら下がっています! 違う葉を探すと、成虫や幼虫もいました。

◆オニグルミの実はだいぶ大きくなってきました。


◆ルリシジミ
 シジミ貝のような小さな蝶ですが、よく見ると
 色も、ふわふわ加減も、見とれてしまいます!

◆はねの表と裏で、色や模様が全然違うんですね。


次は、春の木丸ハイキングコース。


◆こちらも、だいぶ緑が濃くなり、暑さをしのげます。


◆山頂近くでは、緑の中、ベンチでのんびり休憩が出来ます。


◆オオヒラタシデムシ
 動物の死骸を食べて土にかえしてくれる、森の大切な一員です。


◆テンの糞
 サクラの種だらけです!
 別の場所のタヌキの糞にも入っていました。


◆大きなモミに会えます!
 モミの大木に触れると、心が穏やかになる様な気がします。
 


◆ヤブムラサキ
 葉をさわると・・・
 毛がたくさん生えていて、ふわふわ!

◆地面からニョキニョキと、
 ギンリョウソウ


最後に湖畔園地


◆芝生や池や小川や・・・
 こちらでも、生き物達は活発です。


◆イカルチドリ
 「ピウ ピウ」と鳴きながら飛ぶ姿で気付きました。


◆シオカラトンボ

どのコースも、他にもたくさんの出会いがあり、
生き物達が活発な様子をうかがえる散策でした。


その他の観察した生き物
【植物】花:クマノミズキ(咲始め)、ヨウシュヤマゴボウ、クリ、オニルリソウ、
      ホタルブクロ、サワギク、ドクダミ、コオニタビラコ、ニガナ、
      アワブキ、ナツノタムラソウ、ウツギ(咲終わり)、
      イボタノキ(咲終わり) など
【野鳥】カワウ、カルガモ、トビ、キジバト、アオバト、アオゲラ、コゲラ、
    ツバメ、イワツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、
    ヒヨドリ、ヤブサメ、ウグイス、センダイムシクイ、キビタキオオルリ、
    エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、
    イカル、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、
    ガビチョウ など
【昆虫】モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キタキチョウ、コミスジ、
    カラスアゲハ、テングチョウ、アサギマダラ、ダイミョウセセリ、
    キタテハ、ヒメウラナミジャノメ、オオセンチコガネ、ラミーカミキリ、
    アワフキムシの泡多数 など
【その他】ヒガシニホントカゲ、カジカガエル声、シュレーゲルアオガエル声、
     モリアオガエル卵塊 など

*********************************

大倉(標高290メートル 6月16日)
 天気:晴れ  気温:22.0度(8時50分)